猫一匹と人間二人の気ままな暮らし

東京郊外に住むアラサーの頭の中を綴っていきます

#18 心がバランスを崩していないか見分ける方法

f:id:junna_healthylife:20210122101727j:plain

 

こんにちは、junnaです。

 

今読んでいる本の中に、

印象的なフレーズがありました。

 

要約すると、

「心がバランスを崩している状態っていうのは、

自分の行動や言動、思考が、

自分の意思なのか、他人の意思なのか

よく分からなくなってくるような状態」

という内容。

 

この一節を読んで、

ついこないだまでの私自身の状態に

思い当たりました。

 

実は、私は復職しようと思って

12月から転職活動をしていました。

キャリアアドバイザーも付けて、

戦略を練ったり、本格的に活動してたんです。

毎日毎日転職情報を見て、

各社毎に志望動機を作り上げたりしていくうちに、

だんだん自分が何をしたいのか

全く見えなくなってきました。

 

「企業の求める人物像」だったり

「転職市場のニーズ」だったり

「親からの期待」(私はまだこんなものに縛られていました)だったり、

そんな型に自分を捻じ曲げて入れ込んで、

面接したところで、

本心から喋ってるわけじゃないので、

おそらく面接官にも響かなかったのでしょう。

全く内定が出ませんでした。

本心じゃないといっても、

当時の私は本心で喋ってると思ってたし、

落とされたという事実にはそれなりに凹んでて、

内定が出ない焦りもあって混乱し、胃は痛くなり…

 

そしてある時気付きました。

「あ、私の物差しが、いつの間にか

周りの物差しにすり替わってる」と。

 

そこから周囲の音を遮断する時間を取り始めました。

具体的には、サボってた瞑想を再開したんです。

 

そして、これを数日続けてきたある日、

いつも通りの瞑想が終わった後、

頭の中でぐちゃぐちゃだったパズルが

パチパチとはまっていくような感覚が押し寄せてきた。

 

将来の自分がパッと浮かんだんです。

そのためにやるべきこともバーッと溢れ出てきて、

慌てて雑記帳に書き留めました。

マインドマップ形式でどんどん書いてった。

そうすると、

「実現するために今足りないこと・補うべきもの」

が自ずと浮かび上がってきたんです。

 

「これに従ってただ動けばいいんだ」

ということが解って、すごい心が軽くなりました。

 

それから、がむしゃらに企業に応募するのは止めて、

最終的な目標達成に必要な要素を身に付けられる仕事に絞って探し始めた。

そしたら、その啓示的なモノがあった日から

たった3日後の面接で、

なんと面接中に内定が出ました。

その面接というのも、

1次面接前のヒアリングの体で設けられた面接でしたが、

ここで企業側も私の方もバチバチっときちゃって、

開始1時間半後には「じゃあ3月1日から来てちょ」ということに。

 

物事って、自分側の準備が本当に整えば、

ぐんぐん進んでいく。

 

もちろん、再就職が最終目標ではないです。

これは通過点にすぎない。

なので、日々の仕事に追われて目標を見失わないように、

今後も毎朝ヨガと瞑想とジャーナリングを続けて、

自分の心の物差しが誰かの物差しに入れ替わってないか

細心の注意を払って観察と調整をし続けます。

 

では、また。

 

p.s.

副業は全く問題ない会社なので、

ヨガインストラクターの仕事も

細々と続けていこうと思っています。